漢方専門店は厚生労働省承認薬の正規ED治療薬・媚薬・ダイエット薬の販売店です!
ログイン
健康情報を探す
商品を探す
毎日の推薦TOP1
興奮女士専用催情粉
興奮女士専用催情粉
規格:2000mg×10袋/箱
販売価格: 1500円 (税込)
興奮女士専用催情粉当品物は白色の晶形粉末で、無色で味がなくて、とても速い速溶は各種の飲み物の中で発見しにくいです。レディースが数分を服用した後に迅速 に効き目が出ます。
現在の位置: ホーム > 番新情報 > ニュースの抜粋 :リスクは外来再燃時が最も高い、1次予防の臨床試験の実施を
ニュースの抜粋 :リスクは外来再燃時が最も高い、1次予防の臨床試験の実施を
2010-03-04

炎症性腸疾患患者13,756例[潰瘍性大腸炎6,765例(49%)、クローン病4,835例(35%)など]および対照群71,672人が解析の対象となった。

静脈血栓塞栓症は、炎症性腸疾患患者の139例、対照群の165人でみられた。静脈血栓塞栓症の全体の発症リスクは対照群に比べ患者群で有意に高く、絶対リスクは1,000人・年当たり2.6であった。

患者の静脈血栓塞栓症リスクの増大は再燃時の方がより顕著であった。再燃時の相対リスクは、入院治療期よりも外来治療期の方がより高かった。

「静脈血栓塞栓症の予防の可能性を探るために、1次予防に関する臨床試験の実施が正当化される」と著者は結論しており、「炎症性腸疾患患者は静脈血栓塞栓症の発症リスクの評価時にはすでにリスクが増大しており、再燃患者では外来治療によるリスク低減は困難なことを明記すべきである。コルチコステロイド治療には骨粗鬆症の懸念もあるため、入院治療で使用されている低分子量ヘパリンの短期投与などを外来で施行する戦略も検討に値する」と指摘する。

関連情報: